転職面接の際、質問タイムをうまく利用することが重要

転職の面接の際、自己紹介や志望理由、前職の退職理由などのほかに、必ず面接官から聞かれるのが「何か質問はありませんか」ということです。

ここで変に気を使って「特にありません」と、納得できている様子を伝えたとしても、かえってマイナス評価につながってしまいます。つまり、この人は本当に我が社に入社したいのかと思われても無理がないのです。

この質問タイムを使って、それまでに言い足りなかったことをうまく面接官に伝えることが重要です。

例えば、ご自分が希望している部署の仕事について、詳しく教えてもらうことは面接官にも前向きな姿勢と印象づけることができ、プラスです。また、仮に採用していただいた時に配属されるのは、どの部署になりそうかなどを聞くことも、やる気が伝わる質問です。

ご自分だけで判断し、面接官だってそんなことを質問してもわからないだろうと気を使っていては損なので、聞きたいことがあれば聞くようにしましょう。

ただし、そうした中で、残業や休日出勤、社員の平均年収、離職率など、採用が決まりもしないのに労働条件についてを根掘り葉掘りと聞くのは、いくらなんでも面接官やその企業に失礼にあたります。

また、あきらかにその企業のホームページに書かれているような内容を質問するのも、事前に調べていないとの印象をもたれてしまうため、よくありません。そうした場合は、御社のホームページでも拝見はしたのですが、と前置きした上で詳しく教えてもらうのはOKでしょう。

お役立ちサイト
48歳からの転職方法
48歳以上の転職者必見

求職者でありながら、面接官の目を持ち面接に望むことができれば、聞くべき内容をプッシュでき、聞いてはいけない質問はうまく回避できるでしょう。